今日は釣りとは全く関係ないお話。

皆さんこんにちは。

 

今日はビックリする程全く釣りとは関係ないお話。

 

テーマは「りんご」です。

 

そうです。

 

椎名の方ではなく果物の方の「りんご」です。

 

当店で提供させていただいている「特製りんごジュース」ですが、このジュース実は本当に「特製」なんです。

 

こちら↓

ラベルもなんも無し!!

 

コイツ、本当にうちのお店の為に絞ってもらったジュースなんです。

 

と言いますのも、自分の友人が青森でリンゴ園を営んでいまして、そこのりんごが本当に美味しいという事もあって、絞っていただいています。

 

りんごジュースって一種類のりんごを絞っても美味しくならないそうです。

 

りんごジュースにして美味しい品種の配合があるらしく(詳しくは全くわかりませんが)ベストな配合で絞ってもらっています。

 

因みにこちらのりんごジュースはビンでも販売予定です。

 

乞うご期待。

 

そして、当店ではこのりんごジュースを使ったお酒も提供してます。

 

これがまた永遠に飲める危険なお酒でして・・・・・。

 

と言う訳で、是非お試し下さい。

 

そんなりんごのお話でした。

 

と言う訳で絶賛営業中!!!

今日はちょっとまじめに。

ちょっとまじめに書いてみます。

 

こんなお店をやって居る上で、こんな事を思います。

 

「ここのお店がきっかけで、釣りを始めてくれたりしてくれたら最高だな。」

 

ホントこれにつきますね。

 

少なくとも、ここの近隣にお住まいの方々、特にちびっ子達が自分で釣った魚を食べるチャンスって凄く少ないと思います。

 

としまえんフィッシングエリアと共にやっぱりその辺に一役かいたいなぁと思っています。

 

そしてもう一つは、釣り人のたまり場になってもらえればなぁと。

 

お酒も飲めますしね、ここで初めてあった人たちが、数回顔を合わす事で「今度一緒に釣り行きますか!」なんてなってもらえればと思ってます。

 

もちろん、自分も時間が合えば仲間に入れていただきます!!

 

そんな事を思いつつ本日も絶賛営業中。

 

今日は地元の方が多いような気がしますね。

 

かなり異様な光景と言ってしまえば光景です。

 

なんせ、テーブルの前で魚が泳いでますからね。。。

 

この異様な光景が、当たり前の光景になるように、日々精進ですね。

 

と言う訳で、親子で、カップルで、仕事仲間で、是非是非遊びに来てください!!

 

釣りなんてやった事ない!!って方、是非是非!!

 

そんな方を待っています!

 

もちろん釣りが好きでしょうがない方も待っていますよ!!

 

夜10:00まで絶賛営業中!!!

お酒を飲みながらフライタイイングなんてどうでしょう?

どーもです!

 

今日はかなり思いつきの提案です。

 

タイトルにも有りますが、お酒を飲みながらフライタイイングなんてやってみたらどうだろう?と。

 

と言う訳で、完全に自分の私物ですが、タイイングバイスを2台とツールを持ってきてみました。

やった事無いけどフライタイイングをやってみたい!とか、

 

家では家族の目がきつくてタイイング出来ない!!とか、

 

そんな方、是非ご利用下さい。

 

もちろん、タイイングバイス持参での入店も全然OKです。

 

が、飲み物くらいは飲んでくださいね。。。出来ればガブガブと。

 

ちょっとやってみたい!ってくらいの方はフックやマテリアルは私の私物が有りますので一度、それでチャレンジしてみるといいと思います。

 

ガッツリと巻く方は是非そちらもご持参下さい。

 

と言う訳で、タイイングバイス&ツールのレンタルは1時間1000円とさせていただきます。

 

是非是非、ご利用くださいませ!

 

そんな本日も絶賛営業中です。

 

何故か今日はエビがすこぶる元気のようですよ!

 

昨日までムキになっていた大人たちを尻目に↓

素晴らしい!!!!

 

そしてお父さんはなんと3匹ゲット!!!

 

お父さんも素晴らしい!

 

是非またきてくださいね!

今日はオニテナガエビのお話。

どうもです!

 

昨日のホンモロコのお話に引き続き、今日はもう一種のターゲットオニテナガエビのお話を。

 

「オニテナガエビ」

東南アジアに生息する、大型のテナガエビで、自然界に生息している物はまれに1mを超えるものも居るそうです。

 

タイや、ベトナム、マレーシアなどでは、このエビを釣る事が出来る釣堀が、ポピュラーにありこれがまた非常に面白かったりもします。

 

自分もどうにかこのエビ釣堀が日本で出来ない物かと色々試行錯誤をしてみたのですが、現状は日本で現地のままの形での運営は厳しいようです。

 

実はこのエビ、非常に美味しいのです。

 

現地タイのえび釣堀では社長と2人で散々釣って散々食べました。

釣って楽しく食べて美味しい。。。。

 

そりゃもう食いすぎかってくらいに。。。

 

本当に、素晴らしいエビです。

 

悲しいですが当店では、このエビを食べる事は今のところ出来ません。。。

 

が、釣る楽しみだけでもと言う事で、釣れる場所を設けさせていただいています。

 

とは言っても、やっぱり釣って何も無しではね。。。

 

と言う事で釣れた場合は1時間に2匹まで「身代わりエビのから揚げ」をプレゼント。

因みにこの身代わりのエビは「ブラックライガー」です。じゃなくて「ブラックタイガー」です!!※シゲさんご指摘ありがとう!危うくプロレスラーをから揚げにしてしまうところでした。。。

 

普通に美味しいですからね。これも。

 

因みに当店ではウキ釣りで釣っていただきます。

 

正直言います。非常に難しいです。

 

とは言え、コツは沢山あります。

 

ガッチリと釣りをされる方はかなりムキになると思いますよ!

 

本日の、店内の様子。

 

エビ釣りエリアの皆さんはやっぱり前傾姿勢です。

 

と言う訳で、是非是非前傾姿勢になりにきてください!!

 

お待ちしています。

 

もちろんまだ営業中ですよ!

 

ホンモロコって何??どーやって釣るの??

こんばんは!

 

本日もリュウヤがお送りいたします!

 

では、今回は当釣り場で現在釣れるお魚をお知らせいたします。

 

現在は2種類のターゲットがいまして、ホンモロコとオニテナガエビを釣る事ができます。

 

と言う訳で、今日はホンモロコと言う魚の説明と、ここでの釣り方をご紹介させていただきます。

 

先ず、ホンモロコっていったい誰?と言うお話から。

ホンモロコはコイ目コイ科、タモロコ属のお魚で、琵琶湖の特産の淡水魚です。

 

琵琶湖では実は出荷される魚の中で一番の高級魚だったりもします。

 

卵を持つ季節の天然ホンモロコは1キロ/6000円〜8000円で取引されるようです。

 

味に関しては「モロコ」と聞くと、釣りをされる方はあまりイメージの良い魚ではないですよね。。。

 

ですが、ホンモロコはだいぶ違います。

 

高級魚として流通しているだけあって、味は最高です。

 

骨の硬さは一切無く程よい甘みのなかにホンモロコ特有の軽いほろ苦味があり、お酒のおつまみに最高です。

 

そんな魚が釣れちゃう訳です。

 

では、一体どう釣るのか?そちらにお答えしていきましょう

 

基本的に通常はウキ釣りがメインなホンモロコ釣り。

 

ですが当店ではウキは使いません。

 

こんな仕掛けで釣ります↓

針は遊動式になっていまして、お好みの水深で釣ってください。

 

ワカサギ釣りとカワハギ釣りの中間のような釣り味で、ウキをゆったり眺めてなんて暇はほぼありません。。

 

中々忙しい釣りです。

 

因みに一体どのくらい釣れるの?ってお話ですが、それは人それぞれですのでお答えは難しいです。

 

と言う訳で、「制限引数の20匹」を目標に釣っていただけると良いかなと思います。

 

因みに昨日9匹だったお客様、1日たって進化!!

本日は1時間で47匹と言う素晴らしい釣果。

 

そして、美味しく天ぷらに。

と言う訳で、明日は、もう一つのターゲット「オニテナガエビ」について書かせて頂きますね!

 

まだまだ絶賛営業中です!!